普通のシャンプーとの違い薄毛は改善する?男性用と女性用の違い

育毛シャンプーの種類によって効果が違う?

育毛シャンプーはほとんどがアミノ酸系のシャンプーを元に作られていますが、他に石鹸系や珍しいところで植物系などがあります。
やはり頭皮と髪の毛を守ってくれるといえばアミノ酸系の育毛シャンプーでしょう。
アミノ酸は頭皮や髪の毛と同じたんぱく質で構成されているので、傷んでしまった頭皮や髪の毛を治してくれるなどの働きがあります。
あなたに合ったタイプ別育毛シャンプーはこちらをご覧ください。

おまけに少しくらいの洗い残しがあっても、頭皮や髪が吸収してくれますので、新たな汚れやかぶれの原因になることはありません。
アミノ酸の力で毛根を甦らせて、新たな髪の毛が生えてくる確率が高いのもアミノ酸系の育毛シャンプーが一番だといってもいいでしょう。
これがほとんどの育毛シャンプーでアミノ酸系の育毛シャンプーが多い理由でもあります。

石鹸系の育毛シャンプーは数は少ないのですが、アミノ酸系の育毛シャンプーほど値段は高くありません。
さらに頭皮は肌と同じ一枚の皮で繋がっていることからも分かりますように、基本は顔と変わらない成分、当然身体も同じです。
よく坊主頭の人などが顔と一緒に洗っていると聞いたことがありませんか。

つまり頭皮の洗浄にはまったく問題がないのです。
髪の毛を生やすのは頭皮の毛根ですから汚れを取ることによって生えてくることも期待できます。
しかし残念ながら髪の毛に対しては効果がありません。

パサパサになってしまい、せっかく生えた髪も駄目にしてしまうことになりかねません。
理由はふたつあり、まず髪の毛はたんぱく質の成分が違います。
髪の毛は硬いケラチンで、肌は柔らかなケラチンという差があります。

石鹸の柔らかさでは肌である頭皮の柔らかさは守れても、髪の毛までは及びません。
また石鹸にはアミノ酸のような頭皮をカバーする栄養がありませんので、本当に頭皮の汚れを落とすことだけが目的になるといってもいいでしょう。
他の成分の育毛シャンプーもありますが、やはり育毛シャンプーはアミノ酸系が一番合っているといえるでしょう。