普通のシャンプーとの違い薄毛は改善する?男性用と女性用の違い

育毛シャンプーに含まれている成分

育毛シャンプーというのは髪が薄くなったり、抜け毛がひどくなってしまった時に育毛剤よりも前に使うものです。
育毛シャンプーのメリットについてはこちらを参考にしてください。
髪に異常をきたすのは頭皮が弱っていることや栄養や保湿効果がないことが原因なことが多いので、まずは頭皮環境を整えてあげなければなりません。
いきなり育毛剤ではカラカラの畑に肥料を投げているようなもので、皮脂やかぶれなどで毛根が塞がっている場合には毛根に栄養が届くことなく終わってしまいます。

育毛シャンプーに求められるのはまずは優しい洗浄力です。
そこでよく使われているのがアミノ酸系をベースにしたシャンプーです。
アミノ酸系は肌に近いたんぱく質成分で、頭皮に一番刺激を与えないばかりか、頭皮の傷やかぶれ、傷んだ髪などに効果を発揮し、毛根を表に出してくれます。

また頭皮を乾燥から守るためのホホバの実から取れるオイルのホホバオイルやアルガンオイルなどといった油分によって、保湿をして頭皮を乾燥から守ります。
頭皮は肌の中でも直接日差しにさらされやすく、傷みやすいので保湿は必要です。
ただし頭皮が全体に脂ぎっている人の場合はまた別の育毛シャンプーにしてください。

普通のシャンプーでも「しっとり系」「サラサラ系」とあるように、一概に同じ症状ばかりではありませんので、ご注意ください。
馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。
不飽和脂肪酸というのは人間の身体に必要な成分で、髪に必要な栄養を作り、抜け毛予防までしてくれます。

他にもそれぞれのメーカーによってハーブなどを入れたり、香り成分を入れたりなどしています。
男性用育毛シャンプーの中には、ノコギリヤシの成分で男性ホルモンの生成を乱す成分を取り入れているものなどもあります。
育毛シャンプーの基本はアミノ酸系のシャンプーにそれぞれのメーカーが何かをプラスしているということが多いです。

生薬や変わったものではみかんの皮が保湿にもよく、香りにもなると入っています。
自分の頭皮の状態を考えて何を望んでいるかによって育毛シャンプーを選んでください。