普通のシャンプーとの違い薄毛は改善する?男性用と女性用の違い

ノンシリコンの育毛シャンプーとは

ノンシリコンということはシリコンを含んでいないということです。
それではシャンプーにおけるシリコンというのは何にあたるでしょう。
髪の毛をコーティングして表面上は指通りもよく、艶やかにする効果です。

高級なシャンプーに使われていますが、実は髪の毛にも当然、頭皮にも良くないのです。
確かに見た目は綺麗で艶やかです。
普通のシャンプーとしては問題ないでしょう。

しかし頭皮も髪の毛もコーティングされていたのでは、頭皮や髪の毛に汚れが残っていてもそのままです。
シリコン入りのシャンプーをすることによって髪の毛がサラサラになるために勘違いする人も多いのですが、頭皮や髪の毛は傷んでしまうことが多いのです。
さらにいうならばシリコンは落ちにくい性質をもっているためにそのまま頭皮に残ってしまって落ちにくい汚れとなってしまいます。

そこで育毛シャンプーにはノンシリコンのものを使うようになりました。
育毛シャンプーでお馴染みのアミノ酸系のシャンプーならば、アミノ酸がそれまでのシリコンなどによって汚れてしまった頭皮をケアしていき、またいつもコーティングされていたことで塞がってしまっていた毛根がよみが
えることによって、薄毛になっていたと思っていた髪の毛が生えてくることもあります。

実は育毛シャンプーやアミノ酸系のシャンプーの洗い上りがよくないと感じるのはシリコンが入っていないからだとも言われています。
今まで泡立ちが良く、指通りも滑らかで、艶やかな髪の毛であったのは、シリコンや合成界面活性剤のような頭皮や髪の毛自体にはよくない成分のためであったともいえるのです。
若いうちは髪を染めたり、パーマを髪にあてたりと、髪の毛に良くないと分かっていてもしてしまうのと同じようなものなのかもしれません。

ですが薄毛などの症状が表れましたらノンシリコンのシャンプーにすることをお勧めします。
中でもアミノ酸系の育毛シャンプーがケアをするのにもよいのではないでしょうか。