普通のシャンプーとの違い薄毛は改善する?男性用と女性用の違い

育毛シャンプーは人によって効果が違う?

個人の体質もありますが、頭皮の状態も当然違います。
まず薄毛になる抜け毛になるという症状についても原因からして違うことも多いのです。
例えば男性が女性特有のびまん性脱毛症になったり、女性が男性特有のAGAになることがないように、育毛シャンプーにもきちんと症状にあった効果が明記されています。
では、髪の毛に対してどのように育毛剤が働きかけるか?こちらをご覧ください。

これは男性用の育毛シャンプーに入っている成分の中に、女性にとって害になる成分がはいっていることもあるためで、決して間違えてはならないことですので、すべてが男女共通だと安易に考えないでください。
どの育毛シャンプーも効果がない状態だとしたら疑わなくてはいけないのが、遺伝的要因です。
これは医師と相談して治療しなくてはなりません。

育毛シャンプーは遺伝的要因をどうにかできるほどの効果はありませんが、頭皮の環境を整えることができるといってもいいでしょう。
遺伝的要素でないと分かったらいままでの生活習慣が加齢によって頭皮に表れたといえるのです。
ストレスや寝不足、暴飲暴食、無理なダイエット、飲酒や喫煙に髪をどれだけ傷めてしまったかにもよります。

若い頃は平気だったものが、お洒落のために染めたり、パーマにあてたりした髪が、普通のシャンプーやリンスでは耐えられなくなったのです。
ここで差が出るのは普段からの生活習慣と髪のケアによる差です。
ストレスを発散させるために若い頃は遊び歩いたり、仕事に追われて寝不足だったり、脂っぽい食事が大好きだったりした人は、頭皮の状態を戻すのに育毛シャンプーを使っても時間がかかります。

反対にバランスのいい食事を心がけて、睡眠時間もきちんと取り、髪を染めたりあてたりしたことがあまりないというような、あまり頭皮に負担をかけてなかったような人は育毛シャンプーの効果が表れやすいのです。
これは遺伝とは関係がありませんので、個人によって表れる時間の差こそありますが頭皮の環境が整えば育毛剤の効果も高まりますので、気長に続けて効果を待ちましょう。